2012年05月09日

今日は容態安定の様子


昨日の騒ぎが嘘のように、今日のくろは静かです。

でも、本当に、ず~っと、眠っています。


前々から、とにかくよく眠ってはいたのですが、更に眠りが深くなった感じ。


元気だったときはもちろんですが、病気になってからでも、私が横で寝顔をじ~ 目 っと見てると、気配を感じて、目を覚ましたりしていました。

今は、横でじ~っと見ていても、まったく目覚める気配もありません。


それでも、とにかく、苦しまず、落ち着いてくれていれば、私は満足。


長いこと、病気のくろの様子を見ていて思うのは、朝、調子がよさそうなら、その状態は、少なくとも夜までは保てるようです。

夜になって、ちょっと調子が悪そうな様子を見せると、翌日の朝は心配。


酸素ハウスを設置してくれた際、業者さんが、「朝と夜の変化に気を付けてください」と言っていました。

交感神経と副交感神経のスイッチが入れ換わるのが朝と夜で、で、このタイミングで生き物はみな、体調がかわりやすいのだとか。

ちょっと、うろ覚えなので、上の説明、間違っているか誤解があるようなら、コメント欄で指摘いただければ幸いです m(_ _)m


ただ、朝と夜は要注意、というのは、確かに、その通りだな、と思ってます。


一昨日の5月7日の朝と日中、くろの調子は、ちょっと良いくらいだったんです。

なので、その様子を見て、「暫くは大丈夫そう」って、少し明るい気分になってました。

でも、その日の夜は、なんだか体調が悪そうで、少し心配していたら、翌日朝には大変なことに・・・


病気も進み、体力も衰えている昨今は、特に体調の波が大きくなっているのかもしれません。


今のくろの様子は・・・

相変わらずの爆睡中 眠い(睡眠)

まぁ、でも、その寝顔は健やかでもあります。


明日、何事もなく、穏やかな朝を迎えられますように!




posted by Maggie at 22:10| Comment(2) | 闘病日記