2012年06月02日

『動物のお医者さん』


この1週間、くろの容態は安定してくれてました。

週の初め頃、貧血の状態が悪い様子だったのと、2回ほど軽い嘔吐があったのが気になったくらい。

それ以外は、いたって平穏。


今日も、なんともの〜天気な姿で酸素ハウス内で転がってたし たらーっ(汗)

IMG_5316.jpg

一時期、瀕死の状態にあったとは思えません ふらふら


くろは、まぁ、こんな感じで、これと言ったネタもないので、今日はちょっと趣向を変えて、マンガ本のご紹介など、してみようかと思います。


動物のお医者さん』って、ご存知ですか?

 

私はマンガをあまり読まないので、全然知らなかったのですが、20年くらい前、すごく人気があっ作品らしいです。

北海道大学の獣医学部が舞台なのですが、このマンガの影響で、北大獣医学部に志願者が殺到したとか。

そう言えば20年ほど前、シベリアンハスキー犬がちょっとしたブームになりましたが、それもこのマンガの影響だったらしいです。


『動物のお医者さん』というタイトルですが、お医者さんの卵、獣医学部の学生が主人公の物語です。


連日の通院がきっかけで、獣医師さんのブログやサイトをあちこち閲覧していた時期があります。

獣医師さんのブログとかでよく話題にされていたので、このマンガのことを知りました。


Amazonの読者レビュー評価がすごく高くて、面白そうだな、と思って購入。

まだ読んでる途中ではあるのですが、うん、面白いです わーい(嬉しい顔)


獣医学部の学生や卒業生等から、実際にあった話を集めてネタにしているのだとか。

1話完結系なのですが、話のバリエーションが豊富で、読んでて飽きません。


くろの病気のこともあって、犬の病気とか、病犬の世話とか、そんな話もちょっと期待していたのですが、そこらへんはあてがハズレました。

でも、そんなこと全然気にならないくらい、このマンガ、魅力あります。


動物好きの方なら、この作品、きっと好きになると思いますヨ exclamation






posted by Maggie at 22:39| Comment(4) | 動物病院