2012年07月16日

あっという間の3日間


くろが旅立って、まだ3日とたたないのですが、なんだか、もう遠い昔の出来事のような気がします。

3連休だったこともあって、この3日間は、なんだか現実感の乏しい、夢の中にいるような毎日でした。


くろが逝ってしまったこと自体には、実は、あまり泣くことがないんです。

自分でも不思議なくらいに。


1週間前は、まだ生きててこうだったのにな、ということも、考えることがありません。

普段の私だったら、こんな時、ぐだぐだと後ろを振り返ったりするのですが。。。


夜は、眠れません。

一度は眠るのですが、夜中2時過ぎ頃に目が覚めて、その後は朝まで、ずっと、うつらうつらした感じです。

眠れない時、考えてしまうのは、やっぱり くろ のことかな。


まだ現実を、心が受け止め切れていないのかな。

くろの最期を看取ることができて、そしてその最期が、本当に静かなものだったので、くろの旅立ちを受け入れることができているのかな、という気もしています。


もう少し時間がたつと、私自身、また変わってくるのかもしれません。


くろが居ないこと自体に涙することはあまりないのですが、どうしても涙が止まらなくなる時があります。

それは、いただいたコメントを読み返す時。

そして、いただいたお花を見つめる時。


もらった言葉や気持ちの温かみに触れると、もう自分でもびっくりするくらい、どうしようもなく涙が溢れてきてしまいます。


くろが助からない病気であり、先は長くないであろうことがわかった4月21日からの約3ヶ月。

毎日、精神的につらい日々でしたが、今振り返ると、幸せなこともたくさん、ありました。


人の気持ちの温かさ、優しさ、ぬくもりを、心から知ることができたように思います。


くろが旅立った7月14日以降、いただいたコメントに、お返事しておらず、すみません。

返事を書こうとすると、また涙が溢れ出てしまって・・・


どの言葉も、私の心の中で、大切にさせてもらっています。


今日、くろとよく出かけていた公園に、お散歩に行ってきました。

この公園には、小さいながらもバラ園があります。


下の写真は、今年のお正月に、くろと一緒にお散歩したときのもの。

IMG_3249.jpg


この時は、冬だったので花数もすくなかったのですが、今日は これでもか!というくらい、咲き乱れてました。

IMG_6650.jpg


ひとりのお散歩、正直ちょっと怖かったけど、自然に受け止めることができてました。


明日から、日常生活にしっかり戻って、地に足付けて歩いて行こうって思います。




posted by Maggie at 20:27| Comment(2) | 旅立ち