2012年07月17日

ちょっと不思議な出来事


くろが旅立った夜、7月13日から14日にかけての夜中のこと。


私は、13日の夜11:00くらいには、布団に入っていたと思います。

そして、眠っていました。


その出来事が起きた時、枕元で物音がしなかったので、くろも、眠っていたんだと思います。

少なくとも、まだ息はあったことは確かです。


何時くらいかわからないのですが、私は、眠りながらも、ものすごい寒気を感じました。

凍えるような寒さ、とでも言うのか・・・

体が震えて仕方ない・・・


寒くて寒くて、寝ぼけながらも、「毛布を引っ張り出してこようかな」 と思った記憶があります。


別に、冷房を入れていたわけではありません。

あの晩、特に寒かった、ということもありません。


それなのに、寒くて寒くて・・・


「毛布をひっぱりだすのも面倒だな」と思い、羽毛布団をひっかぶった覚えがあります。

そしてまた、眠りにつきました。


その出来事、あるいは夢から、どれくらい時間がたったのかはわからないのですが、くろが嘔吐している音で目が覚めました。

くろが旅立って行ったのは、私が目覚めてから、間もなくのことです。


あの時感じた、凍えるような寒気。

あれは、一体、何だったのか。


ちなみに、私は、霊感ゼロの人間です。

そういう感性は、まったくないんです。


そんな私ですが、あの時感じた何か。


やはり、その時の、前触れだったのでしょうか・・・





posted by Maggie at 20:08| Comment(2) | 旅立ち