2012年03月31日

再検査を受けてきました

今日、1週間ぶりに、血液検査を受けてきました。

IMG_4626.jpg


PCV値(赤血球容積比)が上がってくれていることを期待していたのですが・・・
20%以上になっててくれればいいなぁ、と。


結果は、14%


この2週間、PCV値が低空飛行の横ばい状態。
(PCVの標準値は 37~55%)

  3/17  13%
  3/19  13%
  3/24  16%
  3/31  14%


1-2% の変化は、検査したタイミング等でブレることはあるので、前回より数値が下がっていることは、それ程は気にしなくてもよいのだそう。

数字に、いちいち一喜一憂しない、と心に決めてはいたものの、やはり、残念な気持は否めません。


でも、よい変化もありました。

実は、前回の血液検査で、白血球数が異常に増えていたんです。

その値、ナント、79,500/ul  exclamation

標準値は 6,000~12,000 です。


投薬で白血球数は上がるものの、ちょっとこの値は高すぎなので、心配していたんです。

それが、今回の検査で、42,700/ul に落ちていました。


白血球が増加するのには、色々な要因があるのですが、臓器に炎症が起こっていることも要因のひとつ。

同じく、何らかの炎症を示唆するTP値(血漿総蛋白)も、標準値内ではあったものの、前回少し高めでした。


最近、少しばかり元気な様子を見せるようになったのは、赤血球の数が増えたからではなく、臓器に起きていた何らかのトラブルに改善があったからなのかもしれません。


もうひとつ嬉しいことがあって、体重が増えてました。

病気になる前のくろの体重は5.5kg。
この体重がベスト体重でした。

それが4.6kg まで落ちていたのが、今日は4.8kg。


病気を治すには、先ずは体力がないと。
少なくとも 5.0kg までには戻したい。


幸いに、この病気のワンちゃんによく見られる嘔吐や下痢の症状は見られません。

PCV値は、他のワンちゃんの治療記録を読むと、ず~っと低空飛行だったのが、ある時を境に急上昇したりするケースも。

一旦上がっても、また下がることも、よくある様子。


とにかく、免疫介在性溶血性貧血(IMHA) という病気は長期戦。
完治までには、とても時間がかかる。

回復を信じて、諦めずに、じっくり付き合って行こうと思います。


IMG_4632.jpg




タグ:血液検査 PCV
posted by Maggie at 18:00| Comment(0) | 闘病日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: