2012年07月18日

最期の時のこと


くろは、私が見守る中、静かに息を引き取っていきました。


その瞬間のことは、とても鮮明に覚えています。

でも、その前のことは、よく覚えていないんです。


まさか、あの時、あのまま逝ってしまうなんて、夢にも思わなくって・・・


私は、一度、眠っており、夜中にくろが嘔吐する音で、目が覚めました。

でも、実はこの時、すぐには起きなかったんです。


嘔吐、と言っても、食後でなければ、何も吐きださないので、酸素ハウス内が汚れることはありません。

もう、しょっちゅうだったので、音で様子を感じながらも、そのままにしておくことが多くなっていました。

介護の疲れも、かなり溜まっていたように思います。


少しして、「落ち着いたみたいだな」と、枕元においていた小さな懐中電灯で、くろの様子を伺って、次の瞬間、私は飛び起きました。


別に、苦しそうな顔をしていた、とか、息が乱れていた、ということではないんです。

言ってみれば、いつも通りの様子。


なのに、「起きなくちゃ!!」って思って、飛び起きたんですよね。


今から思うと、何かの啓示だったのか・・・

それとも、くろの様子の 「なにか」 が、いつもと違っており、それを感じたのか・・・


酸素ハウスの扉を開けてみると、なんか、すえた様な匂いが。

おむつを確認すると、下痢してました。


あわてておむつをはずして、その後はもう、バタバタ。


くろのお尻をふいて、室内がちょっと汚れたので掃除して、雑巾を洗って・・・ と、酸素ハウスと台所を行ったり来たり。


四足動物の本能なのか、くろはこの間、ずっと立ちあがってました。

そして、少しウロウロと歩いていたように思います。


片づけと掃除が一段落して、くろの元に戻ってみると、疲れた様子で、ベチャッとした姿勢で横になってました。

ここんとこ、そんなベチャっとした姿で横たわることは、多くなってたんです。


その寝姿を、私は、くろの傍に座って、じ〜っと見てたんです。

この時、私が何を思っていたのかは、覚えていません。

多分、何も考えていなかったのだと思います。


ただ、黙って、くろの寝姿を見つめていました。

別に声をかけることもなく、体をさすることもなく・・・


くろの様子は、とても落ち着いていました。

そして、ある瞬間、体が少しだけ硬直したかと思うと、静かに全身から力が抜けて行きました。

その様子は、魂がすぅっと、体から抜けて行くような感じ。

よく言われる、最後の一吠えも、ありませんでした。

呼吸の乱れも、痙攣も、全く無かった。


見つめている私は、不意打ちをくらった、という感じ。

え、まさか? え、そうなの?? って・・・


心臓を触ってみると、鼓動が、なかった。


この時、一瞬、「心臓マッサージをしたら、息を吹き返すかな」と思ったこと、覚えてます。

でも、やめました。

これ以上は、苦しみを長引かせるだけ。


ドラマだと、こういう時、「くろ! 逝っちゃヤダよぉ〜!!」とか言って、泣き叫ぶんでしょうね。

でも、涙は全く出ませんでした。


思ったことはただひとつ。

「大変! 身を清めてあげなくちゃ!!」って。

その後は、またバタバタ。


一通りのことが終わった後は、呆然と、その亡きがらを見つめてました。

涙は、一粒も出なかった。

ただ呆然と、その姿を見つめていた覚えがあります。



くろ、私が傍に戻るまで、待っててくれたのかな・・・




posted by Maggie at 20:07| Comment(6) | 旅立ち
この記事へのコメント
ブログを拝見していると、亡くなる前日の記事では「まだ元気」とあり、本当に突然だったと伺えます。

だから(赤の他人なのに余計なお世話でしょうが、)Maggieさん大丈夫かな、とか、チラッと考えていました。
でも、きちんと見送れたし、何より苦しまない最期だったのですね。

うちの猫も急に呼吸がおかしくなったり夜中に何度か「ついに?!」と泣いて酸素室を見つめたことがあります。
命は本当にわからない。
まだ生きてますし、かと思うと「あ、今度こそ」と思う瞬間が次にはやって来るとわかっています。
でもそれがなく、苦しまず逝ってしまうこともあるのですね。

もっと一緒にいたいけど、苦しんで長引くのは嫌なので、ある程度元気なうちに最期を迎える方がいいのかな、とか、人間だからどうしても考えてしまいます。

真夜中なのにきちんと起きて、最期を看取ってあげられて、何よりですね。
Posted by とろろ at 2012年07月18日 21:13
やっぱりくろちゃんが呼んだんでしょうね。
そしてMaggieさんが見つめる中、静かに旅立ったと。
私は椎間板ヘルニアで1度手術をしているのだけど
先代レオが生きている頃、再発し坐骨神経痛で動けないほど苦しんでいました。
でもレオはその痛みを全て持って逝きました。
嘘のように痛みが消えて・・・
私と夫と娘が見つめる中、静かに旅立って行きました。
ウチも突然だったので、現実味が薄いというか
夢の話のようだったのを覚えています。
責任感が強いMaggieさんなので、悲しむ暇がない程
いろいろと「私がやらなきゃ!」って思ってしまうのでしょうね。
そんなMaggieさんなので、寝ている時とか留守の時ではなく
Maggieさんを呼んで目の前でさよならしたんだと思います。
少しでもMaggieさんが後悔しないように。。。
くろちゃん、いい子だね。
Posted by こただいママ at 2012年07月19日 08:18
おはようございます。
実は、ここに来るのが5回目・・・。

私は、だめ人間で、この記事の半分も行かないうちに・・・・。
まが、最後まで読めませんでした・・・。
ごめんなさい。
時間をかけて、この記事読ませていただきます。

くろちゃん、きっとあちらで、笑ってるよね。
Posted by nonnon at 2012年07月19日 08:34
>とろろさん
お会いしたこともないのに、私のこと、心配してもらって、とても嬉しく思います。今回のことでは、人の優しい気持ちの有難さをしみじみと感じました。

くろが逝ってしまう数日前は、やはり様子はおかしくなっていてい、頭では「まだ大丈夫」と思いながら、心では感じるものがあったらしく、私はよく泣いていました。

愛するものの旅立ちは、言葉には言い表せないくらいツライものがありますが、しっかりと送り出すのも、飼い主の責任かな、とも思います。

これからまだ暫くツライ日々になるでしょうけれど、とろろさん、気をしっかりもって、頑張ってくださいね。
Posted by Maggie at 2012年07月19日 19:57
>こただいママさん
レオちゃん、ママさんにとても愛されていたんですね。そしてレオちゃんも、ママさんが大好きだったんですね。気持ちの優しい、いいワンちゃんだったことが、そのお話でよくわかります。

本当に、今回のことでは、不思議な思いをたくさんしました。命の神秘、なのでしょうか。

最期を看取れなかったら、今の私は、これ程に心落ち着けていられなかったと思います。くろには、ありがとうって言葉しか、今はありません。
Posted by Maggie at 2012年07月19日 20:02
>nonnonさん
そんな、無理しないでくださいね。まだオリちゃんとスピちゃんは元気いっぱい! 今はnonnonさんが、毎日明るく元気であることが、とても大事な時だと思います。
Posted by Maggie at 2012年07月19日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: