2012年07月31日

区切り、最後のブログ


今朝、市役所に、くろの 『死亡届』 を出してきました。

今日、提出しよう、って、決めてました。


今日で7月も終わり。 明日から8月です。

気持ちはそう簡単に割り切れないけど、形だけでも一つの区切りをつけたかった。


そして、このブログも、今日で最後にしようと思います。


くろの病気、きっと治る、と信じて始めたこのブログ。

結果は残念な形になりましたが、小さな命が病気にくじけず、一生懸命に最後まで生きた証を残すことができて、よかったと思っています。


くろが逝った後は、自分の気持ちを整理するために書いていました。

書くことで、気持ちが落ち着くものがありました。


でも最近は、このブログを書くことで、前を向いていた気持ちが後ろに引き戻されるような感じを、持ち始めていたんです。

これじゃいけないな、と思って、今日を最後にすることも、少し前から決めていました。


何より、くろの闘病生活は、終わりました。

病気の苦しみからは、解放されたんです。


くろの旅立ちを、まだ心が完全には受け入れきれてはいません。

でも、後は自然に、時間が心を癒してくれそうな気配です。


後は、静かに、自分の中で悲しみを消化して行こうと思います。

その気持ちを書くと、どうしても湿っぽい感じになってしまうのも、私の本望ではないので。


このブログ、『闘病日記』 なので仕方なかったとは言え、くろのやつれた写真ばかり。

でも、くろが闘病生活を送ったのって、お薬を飲み始めた2月半ばを起点にすると、8年10ヶ月の犬生の中の5ヶ月だけなんですよね。


後は、無邪気で、マイペースで、ぐ〜たらで、そしてやんちゃな くろ だったんです。

それが、本来の くろ の姿。


なので、最後は元気な頃のくろの写真をアップして、このブログ、終わりにしようと思います。


思い出深い写真、お気に入りの写真は色々とあるのですが、私が一番好きなのが、くろ がグリニーズガムを食べている姿。

くろ、グリニーズガムが大大大好物で、これを食べてる時は、本当に幸せそうだったな・・・


今でも、目の前に、その姿が生き生きと浮かんできます。


以下、くろ の、ちょっと間抜けな幸せ顔を、どうぞ (^^)


IMG_3011.jpg

IMG_3012.jpg

IMG_3013.jpg

IMG_3016.jpg

IMG_3019_2.jpg

IMG_3026_2.jpg

IMG_3057.jpg


だ〜め exclamation 1日1本までです exclamation×2  わーい(嬉しい顔)



毎日、飽きずに繰り返された、このやりとり。

些細な日常だったけど、幸せに満ちた時間だったな。


生きて、傍にいてくれるだけで、幸せだったな。



くろ。 幸せを、ありがとう。

くろは、私の人生における、何よりも大事な宝ものです。


いつでも、いつまでも、くろの幸せを、祈っているよ。



(完)




posted by Maggie at 19:55| Comment(20) | 旅立ち
この記事へのコメント
そうですか、
寂しいけど仕方ないですね。。。
ブログで知り合った頃は、まさかこんなに早いお別れとは
夢にも思ってなかった、、、
でもくろちゃんと知り合えて良かった。
私は本当にくろちゃんが大好きでした。
くろちゃんの面影に会えなくなるのは、
とても寂しいけと、区切りは必要なのかな。
Maggieさん、今まで有難うございました。
Posted by こただいママ at 2012年08月01日 00:17
おはようございます。
昨夜この文章よんで、一晩考えました。
確かに、ブログを完にされるのは、仕方ないですよね・・・・残念。

短い間だったけど、本当にくろちゃんには、とっても癒される毎日でした。
ママさんも結構、ひょうきんだし・・・(>_<)

とっても寂しいけど、区切りとしては、仕方ないのかな・・・。

今まで、くろちゃん、ママさん、ありがとうございました。

最後に、また、別のブログ、立ち上げてください。
私くろちゃん大好きだけど、ママさんも大好き。
だから、できたら、ママさんの日常とか食べログとか、くろちゃんメモリアルなんていれて・・・。
そのうち、そんなことしてくれるって、期待してますから・・・・。
最後まで、わがままで、すいませんでした〜〜。
Posted by nonnon at 2012年08月01日 08:40
おはようございます。

うちの子が 闘病中に出合ったくろくんのブログ。うちの子には起きなかった奇跡が くろくんに起きますように!と、思いながら 見てきました。。

寂しいけど 区切りには仕方がないのかな。。

くろくんの写真 いい表情でかわいいですね!!

ママさん、くろくん!には ブログでたくさんの元気をもらいました。。
本当に ありがとうございました。。
Posted by りんりん at 2012年08月01日 09:32
Maggieさん
大変な闘病生活の中、ブログに細かな記録を残して下さってありがとうございました。
大切な命を守るために何をしてあげる事ができるのか
闘病中の子の痛みや苦しみを少でも軽くする為に何ができるのか
その子の最期までどう支えて見送る事ができるか・・・
ブログを読みながら色々考えるものがありました。
くろちゃんに対するMaggieさんの献身的な介護にはほんとに心をうたれました。
病気は違いますが、我が家も完治のない病と闘病中です。
こちらのブログで沢山の元気と勇気をいただきました。
Maggieさん、くろちゃん
これまでほんとうにありがとうございました。
お気に入りのグリニーズをカミカミしているくろちゃんの可愛い姿
忘れません。
Posted by キナコまま at 2012年08月01日 14:20
コメントありがとうございました。
Maggieさんもくろちゃんもお疲れ様でした。最期、看取ってもらえてよかったね。くろちゃんやぽんずがいなくなっても、世の中普通に動いてて、自分も生きていくために普段通り働かなくちゃいけないのは、不思議な、変な感じです。

ぽんずは急に亡くなってしまったので、闘病みたいな心の準備があるとまた違っただろうにと思いましたが、闘病はそれで大変ですね。ぽんずはちょっと痛いだけでもおおげさにきゃんきゃん言う(耳掃除とか肛門線とか)ので、苦しまなくてよかったのかなとは思います。

時間が解決してくれると思いますが、しばらくは大変ですね。お互い頑張って生きていきましょう。
Posted by ぽんずパパ at 2012年08月01日 17:25
>こただいママさん
私も、まさかくろがこんなに早く逝ってしまうなんて夢にも思っていませんでしたが、8歳の誕生日を機会に、「ブログでもやってみようかな」と思ったのは、何かの暗示だったのかもしれません。

こただいママさんには、くろの闘病生活中は、色々と励ましてもらって、とても感謝しています。ブログはじめて、本当によかった。

このブログも、もう少し続けようかとも思ったのですが、くろはもう病気からも解放されたし、このブログを開けると、私もついつい後ろを振り返ってイジイジしちゃうので、思い切ることにしました。

これからも小太郎ちゃんと大豆ちゃんの成長と平和な日常の様子を楽しみにしています。心から、小太郎ちゃんと大豆ちゃんが毎日健やかであることを願ってやみません。



Posted by Maggie at 2012年08月01日 19:40
>nonnonさん
くろが重度の貧血であることがわかって、でも原因がなかなかわからなくて、治るのか治らないのか、闇に包まれて辛かった毎日、nonnonさんの温かい励ましの声に、どれだけ救われたかわかりません。nonnonさんには、本当に感謝しています。

私もまだ心が完全には認めていないようですが、くろはもう逝ってしまったのは事実だし、後はどうしても湿っぽくなってしまうので、思い切ってこのブログは終わりにすることにしました。

私の日常生活のブログですか・・・ 私の日常、すご〜く、だらしないですよ(^^; そもそも、くろがぐ〜たらな性格なのも、飼い主の私に似たのではないかと・・・

そうですね。今はまだいつもの日常に戻りきれてはいないのですが、ちゃんと生活も建て直さないといけないし、その励みに新たなブログを立ち上げるのもいいかもしれませんね。考えてみます。

オリちゃん&スピちゃんのブログ、これからも楽しみにしています。どうかオリちゃん&スピちゃんが、健康で元気に長生きでるよう祈っています。

Posted by Maggie at 2012年08月01日 19:49
>りんりんさん
りんりんさんも、りんちゃんを失って辛い中、励ましのコメントをいただき、本当にどうもありがとうございました。

辛いけど、こればかりは、ワンコと暮らす限りは受け入れなければいけない運命ですからね。

りんりんさんもそうだと思いますが、別れは辛いけど、くろと出会い、一緒に暮らせて幸せだったし、後悔はないし、私の人生における貴重な財産だって、思ってます。

お互い、心の傷が癒えるまで時間はかかるでしょうが、一生懸命、前を向いて生きて行きましょうね。りんちゃんやくろに恥ない生き方をしたいと思います。


Posted by Maggie at 2012年08月01日 19:56
>キナコままさん
コメント、ありがとうございます。

完治のない病と闘病中、ですか。その辛いお気持ち、とてもよくわかります。

くろが治る見込みのない病と闘病中の日々、毎日不安と心配ばかりでしたが、今になって思うのは、どんな状態であっても、生きててくれるだけで幸せだったな、と。生きて、傍にいてくれるだけのことが、どれだけ幸せであったかと、くろを失った今、切に思います。

キナコままさんも、辛い毎日だと思いますが、生きてくれてるだけで幸せです。どうかその幸せを大切にして、介護は大変だと思いますが、日々を前向きに過ごしてくださいね。

Posted by Maggie at 2012年08月01日 20:03
>ぽんずパパさん
コメント、どうもありがとうございます。

「世の中普通に動いてて、自分も生きていくために普段通り働かなくちゃいけないのは、不思議な、変な感じです。」って、私も本当に、日々、そう感じています。

3年前に逝ったうさぎのめいは、全く予期せぬ突然の最期でした。ですので、突然、愛する我がコを失った悲しみも、よくわかります。

亡くなった時のショックは突然の場合の方が大きいのですが、全体的な悲しみの大きさは、どんな最後であっても変わりません。覚悟できていたほうが、後からジワジワときて、辛かったりもします。

どんな最期でも、愛する存在を失うのは、本当に辛い。でも、残された者は必死に生きないといけませんからね。

お互い、悲しみを乗り越えて、頑張って生きて行きましょう。

Posted by Maggie at 2012年08月01日 20:50
初めてコメントさせていただきます
ブログを一区切りされるというMaggieさんのお気持ちよくわかります
私の愛するマロンもクロちゃんと同じ日に空に旅立ってしまいました。まだまだ気持ちの整理ができません。ブログを書いていると気持ちが前に向かわないよ云うこともよく理解できます。
この悲しい張り裂けそうな苦しさは時間が解決してくれる以外、その時をじっと待つ以外しかたないのですよね。。苦しいけど
同じ日に旅立ったマロンとクロちゃんが仲良く遊んでいますように・・きっと楽しく走り回っていると思います。
<あさってさんのお話>というブログにマロンの事書いています。お時間がありましたら覗いてやってください
お互い頑張りましょうね。
Posted by あさって at 2012年08月02日 10:23
こんばんわ。
先日はコメントありがとうございました。

クロちゃんとの日々、さかのぼって一気に読みました。
(たまご酒の記事がとっても好きです)
クロちゃんはMaggieさんに愛されて、Maggieさんはクロちゃんに愛されて、とても幸せな毎日だったと思います。
だからこそ今の悲しみはたとえようがないぐらいのものですよね…

ぽんずを亡くして3週間が過ぎましたが、まだまだ泣かない日はないです。
でも時間とともに、ご飯も食べられるようになってきたし、徐々に普段の生活に戻りつつあるような感じです。

今頃、同じ時期に虹の橋のたもとに向かった同士、一緒に遊んでるといいなと思います。
「ママ達、僕たちのことがきっかけでお友達になってるね」なんて話してたりして…

私もMaggieさんの新たなブログ楽しみにしてます。
そのときは、ぜひお知らせください。
Posted by ぽんずママ at 2012年08月02日 22:00
>あさってさん
くろと同じ日に旅立ったマロンちゃん。
くろ、犬見知りなコで、お友達をつくるのが苦手だったんです。なので、天国でポツンとしてるんじゃないかと心配で・・・ マロンちゃん、くろとお友達になってくれているといいな。

8月に入って気分も変わるかと思いましたが、そう簡単には行きませんね。なんか、日々少しづつ、実感が増してくる、という感じもします。

それでも、時間は必ず心を癒してくれるもの。

お互い、星になったコたちのためにも、早く笑顔を取り戻しましょうね。
Posted by Maggie at 2012年08月03日 08:40
>ぽんずママさん
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

愛犬を失う悲しみは皆同じだと思いますが、やはり年齢のことを考えると、若くして逝ってしまうのは、なんともやるせないものがあります。

ぽんずちゃんは急だったし、しかもまだ6歳。元気で可愛いさかりで、ぽんずママさん&パパさんの悲しみはどれ程のものか、って思うと、胸が痛みます。

あれから3週間。私も、涙のない日はありません。でも、ぽんずママさんと同じように、少しづつ少しづつ、日常に戻りつつはあります。

新しいブログかぁ・・
始めることになったら、ぜひ、連絡させてもらいますね。

これも何かのご縁。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Maggie at 2012年08月03日 08:57
おはようございます・・
コメントみて「あれ〜くろちゃんんも犬みしり」
なのね・・と何かを感じました
なんとマロンも自分は人間と思っていた子で。。
まして何回もワンコに噛まれたことがあるので
ワンちゃんを避けていましたよ
でも今では元の体を取り戻して元気にワンワンいいながらくろちゃんと・遊んでいると思います
私も当初心配していたんだ・・
マロン大丈夫かなあ,って・・
ちょっと心配しているけど
今はまた逢う日を楽しみにすることにしました
がんばろうねMaggieさん
Posted by あさって at 2012年08月04日 08:43
>あさってさん
マロンちゃんとくろ、きっと、お友達になってますね。病気から解放されて、元気に遊んでくれてると思います。
彼らが遺してくれた素敵な時間を大切に、これからを頑張って生きましょう。
Posted by Maggie at 2012年08月05日 07:50
くろちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
そして、くろちゃんという幸せで愛されたワンコがいたこと忘れませんよ。
合掌。。。
Posted by 姫ママ at 2012年09月16日 00:08
>姫ママさん
はじめまして。やさしいコメントをありがとうございます。

長生きできなかったくろ。

同じ病気のワンちゃんに役に立つ形で、くろの命、ちがう形で生き続けてくれれば嬉しいな、って思ってます。
Posted by Maggie at 2012年09月16日 08:25
はじめまして。

昨年11月末頃、愛犬が急に病気になって、
クロちゃんと同じ症状だったので、ずっとこの
ブログを拝見していました。
うちのこは、シェットランドでした。
そして昨日永眠しました。

このブログにどれほど励まされたかわかりません。
今はただ悲しく、悲しみを共有する相手もおらず
余計に孤独を感じています。でも頑張らないとと
思います。どうもありがとうございました。

Posted by さく at 2013年01月06日 09:38
>さくさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。

このブログ、同じ病気や症状で苦しむワンちゃんや飼い主さんの参考に少しでも役に立てば、と思い、綴っていました。今、気持ちも落ち着いて振り返ると、病気でやつれていくくろの姿をさらけ出すのが本当によかったのか、と、少し思い悩むものもあったんです。でも、さくさんにそう言っていただけて、やっぱり、このブログを残してよかった、と思いました。

時々アクセス解析を見ると、「犬 貧血」と言ったキーワードでのアクセスが、毎日、必ずあるんです。貧血に悩むワンちゃんが多いことに驚いています。

辛い新年の幕開けとなってしまいましたね。
くろが逝って半年近くになりますが、私は未だに寂しさを感じます。多分、一生、消えない。

時間がかかると思います。でも、必ず時が少しづつ気持ちを癒して行ってくれるのも事実です。

辛い時は、いつでも連絡くださいね。私もくろが逝った時、同じ時期に愛犬を亡くした人たちとやりとりすることで、随分と気持ちが救われました。

ワンちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。



Posted by Maggie at 2013年01月06日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: