2012年07月02日

動物病院の勤務獣医師さん


くろの容態には全然関係の無い話ではありますが、動物病院に関して、ちょっと驚いたことがあったので、とりとめなく書いてみます。


どこも同じようなものでしょうが、くろの動物病院も、院長先生の他に、勤務獣医師さんが何人かいます。

この勤務獣医師さんって、みなさん若くて、そして、しょっちゅう顔ぶれが替わる。


くろは赤ちゃんの時から今まで、ずっと同じ病院。

8年以上ここに通ってますが、一体、いままで何人の勤務獣医師さんが出てきたことか。


今年の2月13日にくろを診察してもらった先生も、そんな若い勤務獣医師さん(H先生とします)でした。


H先生、顔に特徴があったのと、領収書に担当医の名前が印字されるので、顔も名前も、何となく記憶の中に残っていました。

何より、この時の診療から くろ の闘病が始まったこともあり、記憶に残ったのだと思います。


で、昨晩、ワンコのことについてネットしてたら、偶然、H先生の情報がヒットされました。


2月に診てもらった後、全然、顔を見ないな、と思ってたら、今は別の動物病院に勤務している様子。

それは驚くにあたらないのですが、ちょっとビックリしたのが、H先生の年齢とキャリア。


H先生、去年の4月に大学を卒業したばかり。

ということは、くろの健診をしてくれた2012年2月は、25歳か26歳くらい。

動物病院に勤めはじめて、まだ1年もたってなかった、ってコト exclamation&question


え、そんなキャリアで、診察を担当しちゃうわけ exclamation&question


そりゃ、フィラリア予防とか、ノミ・ダニ予防とか、そんなんならいいだろうけど。

定期健診でも、まぁ、いいのかもしれない。


でも、くろの場合、元気はあるけど日々体重が減少していて、何か病気のサインでは、というので動物病院に連れて行ったんですよね。

血液、エコー、レントゲン、とやってもらった結果、

「胆管と肝臓がちょっと気になるので、その薬を出しましょう。それ以外は健康そのものです exclamation」 って太鼓判押してくれたっけ あせあせ(飛び散る汗)


別に、H先生の診察に問題があった、と思っているわけでは全然、無いんです。

きちんと診てくれて、説明も(くどかったけど)一生懸命してくれました。

ただ、説明にイマイチ、説得力を感じなかったのも、事実ではあるんですよね。


だから、どうのこうの、っていう訳じゃないのですが、何と言うか、動物病院って、こんなモンなのかな〜、と思って・・・


大学出て1年もたたない先生が、診察しちゃうんだ〜。

で、そういう若い勤務獣医師さんって、くろの通う動物病院に限らず、数年で辞めちゃうのが一般的みたい。


私もくろの病気で動物病院のことを色々調べて初めて知ったのですが、獣医さんって、大学卒業したら動物病院で数年実務経験を積んで、で、独立開業するのが一般的らしい。

ってことは、そういう若い勤務獣医師さんにとっては、勤務先での診察って、一種の「実地研修の場」ってことですよね。


まぁ、そういうモンなんでしょうけれど。。。


さすがに、くろは3月から院長先生が担当してくれましたが、院長先生の不在時は、やはり26-27歳かと思えるA先生が診てくれてました。


くろの腫瘍を触診で検出してくれ、行き詰っていた治療に突破口を開いてくれたのは、A先生。

A先生には、本当に、感謝してもしきれないくらい、感謝しています。


なので、別に、若い先生だからダメ、とは全然、思わないんですよね。

思わないんですけど、なんか、腑に落ちないものもある、というか・・・


って、今日はつぶやきみたいな内容になってしまいました あせあせ(飛び散る汗)



くろは、今日も、朝晩とも、お薬、ちゃんと飲めました。

昨日より、食べ物もスムーズに口にしてくれたかな。

平穏に過ごしてくれています。

IMG_6253.jpg






posted by Maggie at 21:16| Comment(8) | 動物病院