2012年04月03日

犬の輸血について


貧血が極度に進むと、輸血が必要になります。

というか、もう、輸血以外に命をつなげる方法がない。


くろも、PCV値が10%以下になったら輸血、と、先生に言われてました。

なかなか PCV値が上がらないものの、今のところ、何とか輸血は免れています。


免疫介在性溶血性貧血(IMHA)にかかったワンちゃんのブログを読むと、輸血を受けたワンちゃんは、かなりいます。

中には、10回近く受けているコも。


輸血自体は治療ではなく延命措置なので、輸血によって貧血が根本的に解決されることはないようです。

このため、 PCV値が下がる → 輸血 → 下がる → 輸血 → ・・・ と繰り返すケースも出てくる。


何回も輸血を受けているコが少なくないことにも驚きましたが、それ以上に驚いたのが、動物病院から、

  ウチでは輸血の血を準備できない。
  自分で供血犬を探して来るように。

と言われることがある、ということ。


そんな動物病院は珍しいかと思ったのですが、どうも、そういうこともないらしい。

そのことに、とてもビックリしました。


輸血が必要、ということは、1秒1刻を争う程危険な状態になっている、ということ。

それでなくても飼い主としては気が動転しているのに、いきなり 「自分で探してこい」 と言われても・・・


血を提供してもらうワンちゃんは、大型犬である必要がある。

年齢も若くて、病気を持っていないことも条件になる。

なんとか探してきたとしても、そのワンちゃんの血が飼い犬の血とマッチするとは限りません。


くろがかかっている病院では、病院側で手配をしてくれる、手配すればすぐに届く、と言っていました。

でも、何回でも病院で手配してくれるのか(回数制限のある動物病院もある様子)等、詳しいことは何も確認していません。

輸血する血を病院が手配するなんて、あたりまえのこと、と思っていたので。


今度、病院に行った時に、よく聞いて来ようと思います。

もし、制約があったりするなら、今のうちから、自分でイザという時の準備をしておかないと。


正直、血を供給してくれそうなワンちゃんって、すぐに思い浮かびません。

知り合いで大型犬を飼っている人の顔を思い浮かべても、高齢犬であったり、住んでる場所が遠かったり。


いつ、なん時、愛犬に輸血が必要になるか、わかりません。

ワンちゃんを飼われている方は、仮に輸血が必要になったら動物病院で手配してくれるのか、かかりつけの先生に予め確認しておくことをオススメします。


タグ:輸血
posted by Maggie at 17:44| Comment(6) | 犬の輸血